スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バージンハーレーの特集記事に載りました!

ハーレー専門誌『バージン・ハーレーVol. 33』が発売になりました。


vh33.png


回は、なんと先日のアメリカ大西部ツーリングが特集記事として掲載!


vh33_1.png


グこと古澤恵さんのアメリカツーリング体験記としてレポート紹介です。


vh33_2.png


記事のレポートは、ライド・ライク・ア・プロ・ジャパンの代表トムさん(今泉知久)が執筆!


多くのハーレー乗りが憧れるアメリカの大地1,600kmを走破した様子とアメリカの壮大な景色を背景にしたググさんの写真で、興味深く書かれています。


これを読めば、あなたもアメリカ走行を疑似体験できますよ。


れからもちろん今月号でも、世界No.1ハーレーコーチの”モーターマン”こと、ジェリーによるハーレーのライテク講座が紹介されています。


ここで、大切なお知らせ!


この時期、梅雨でハーレーに乗れずにモンモンとしている方もいることでしょう。


このままジッとしているのは、あまりに勿体ない! そう思いませんか?


どうせなら、この梅雨をもっと有効に使いたいましょう!


梅雨が明けたら、さっそく仲間とツーリング、という方多いと思います。


そこで、ツーリング仲間をあっと言わせてみませんか?


アメリカの白バイポリスよろしく、ハーレーを自在に操るテクニックを披露するのです!


道を間違えて引き返すことになった時、仲間がおそるおそる足をつきながらUターンしているところを、クルッとUターンして、涼しげな顔をして颯爽と引き返していく・・・


そんなあなたを見て、仲間がビックリ。


・・・な〜んて、かっこいいと思いませんか?


ーレーをかっこよくカスタムするのはもちろんですが、1番仲間から一目置かれるのはライダーの腕、そうあなたがハーレーを颯爽と乗りこなす姿です。


ショベルなどのビンテージ乗りであろうが、こだわりのチョッパー乗りであろうが、はたまた大型のツーリングモデル乗りであろうが、ハーレーに乗り始めたスポーツスター乗りであろうが、一番肝心かなめはライダーのスキル!


あなたのスキルを、劇的に向上させる方法があります。


それもたったの2時間で!


それが、世界No.1ハーレーコーチのモーターマンが開発したライド・ライク・ア・プロ・メソッドです。


さて、そのライド・ライク・ア・プロのメソッドを、ステップ・バイ・ステップでわかりやすく丁寧に解説したDVD講座があります。


のDVDが大変好評をいただいておりまして、在庫があとわずかとなっています。


次のロットの発売が7月下旬を予定しており、発送は8月になりそうです。


今なら、まだ在庫がございます!


今ご購入頂けると、すぐに発送することが可能です!


梅雨の間に、夢にまで見たプロレベルのライテクを身につけることができます。


ツーリング仲間やMCのメンバーを梅雨明けにアッと言わせることができます!


在庫がまだ残っている今のうちに『ライド・ライク・ア・プロ』DVD講座を購入することをお勧めします。


『ライド・ライク・ア・プロDVD講座』の購入はこちら!



Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

ハーレーの貯金箱

以前、アナハイムにあるハーレー・ディーラーで見たハーレーの豚の貯金箱。


買わなかったのだけど、その形状があまりにキュートで忘れられずにいた。


それがふと立ち寄ったアーバインのディーラーに置いてあるではありませんか!


写真を見ればおわかりのように、ハーレーのタンクの形を見立て、HOG(豚の通称でもありHarley Owners Groupにかけている)を掛け合わせて、豚の貯金箱になっているのです。


ね、キュートでしょ?


HOG貯金箱


ハーレー好きな人へのプレゼントとしても最適だと思います。


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

ハーレーでアメリカの初日の出

今年の南カリフォルニアの初日の出の時刻は午前6時55分。


昨年と同じようにDana Pointのハーバーで初日の出を拝むため、20分前に現場に到着。


今回は、私が1番乗りだ。しかし、寒い。。。。


ロードキングに跨ったまま、今年の抱負を考えつつ初日の出が昇るのを待つ。


空が少しづつ明るくなり、海の向こう岸の山の頂上辺りがオレンジ色に変わる。


そして、午前7時過ぎに朝日が山の上に顔を出した。


DanaPoint初日の出


素晴らしい!


日出づる国の民族のDNAなのだろうか、朝日を見ると心が清らかになり、透き通った純粋な氣持ちになる。


今年は、ご縁のあるすべてのオファーを受け入れることをモットーにしよう。そして、毎日、その日感謝できることを数えては、日記につけよう。


そう誓うのだった。


昨年は、いろいろなことがあった。11月には南カリフォルニアのHOGのメンバーたちとアフガニスタンで傷を負った米兵を慰安するライドに参加した。


InjuredWarrior1



総勢700台を超えるハーレーで、Orange County Harley DavidsonのディーラーからSan Diegoまで走る。


Injuredwarrior2



警察が我々のためにフリーウェイの道を確保してくれた。フリーウェイを走るクルマも立ち止まって、我々700台の圧巻のハーレー軍団を手を振ったりピースサインで迎えてくれた。


公道を走ると、女性や子供たちも我々に手を振ってくれる。


ハーレーがアメリカ生まれのバイクであるということを強烈に実感する出来事だ。


2015年、今年もハーレーと人生を大いに楽しもう!


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

あっという間に完売間近になってしまい感謝!

れから紹介するのはアメリカ在住の18歳の女の子であるビクトリア。


彼女はアメリカ人にしては小柄で、身長は149cm。平均の日本人女性よりも小柄だ


彼女は普段は、ハーレーのスポーツスターに乗っている。ただし、そのスポーツスターでも、彼女の足は地面に届かなかった。


そこで、シートを替え、サスペンションをローダウンして、ようやくつま先が地面に着くようになった。


その小さなビクトリアが、超大型バイクであるハーレーのツーリングモデルやビクトリーなどに乗りたいと思った。


しかし、そのままでは超大型、重量級のツーリングモデルを乗るのは、取り回しの面で不安があった。


周りの人も危ない、無謀だと言って、止めにかかった。


だが、周囲が反対すればするほど、ビクトリアの大型バイクへの憧れは増すのだった


こで彼女はアメリカのバイク雑誌やテレビ番組で盛んに紹介されている『ライド・ライク・ア・プロ』と呼ぶハーレーのライテクDVD講座を手にし、2時間30分ほどインストラクションに従って練習した


わずか2時間半後の彼女が、下のビデオにある↓




分で起こすことも、足が地面に着きもしない超大型のビクトリーに乗って、苦もなく小回り旋回している姿を見て、あなたはどう思うだろう?


ビクトリーだけではない。今度はさらに大きなホンダのゴールドウィングに乗ってみた。


彼女がゴールドウィングに乗るのは、今回が始めてである。


そこで慣れるために、最初に5分ほど試乗した。


そして、5分の試乗後にビデオで撮影したのが下の映像だ↓




重430キロのゴールドウィングを身長149cmの小柄なビクトリアが軽々と乗りこなしている。


果たして、この映像を観て、あなたは今でもなお

「身体が小さな自分には無理」

「体力のない私には無理」

「私は女性で非力だからできっこない」

「私のバイクは大きすぎて無理」



などと言えるだろうか?


女の年齢は18歳。バイク歴の長いベテランライダーではない。


特別なトレーニングを長期間受けたわけでもない。


わずか2時間半、DVDを見て、DVDのインストラクションどおりの練習をしただけだ


たったそれだけの時間、練習しただけで映像のように自分よりも大きく重い超大型バイクを自在に乗りこなすことができているのだ。


何かの魔法か?


確かに魔法かもしれない。


かし、その魔法は、誰もが手にし、使うことができる魔法だ。


しかも、数時間でマスターできる魔法だ。


その魔法は、ハーレーライテクDVD講座『ライド・ライク・ア・プロである。


ハーレーの本場アメリカで世界No.1ハーレー・コーチとして知られているジェリー“モーターマン”パラディーノが開発したメソッドだ。


『ライド・ライク・ア・プロ』は、アメリカで2001年に発売以来、累計100万本を超えるバイク関連のDVDとしては異例の大ヒットとなった紛れもなく世界一売れているライテクDVDである。


14年以上、100万本も売れているという事実は、このDVDが本物であることの証だ。


このDVDの紹介文には、「誰もがDVDのインストラクションに従って数時間練習すれば、上のビクトリアの映像のように超大型バイクで小回りをきかせた走行を楽々できるようになる」とある。


もし、DVDを購入した人が書いてあることが間違っているとクレームしようものなら、既にこのDVDは販売中止になっているはずだ。


それが今に至っても14年以上販売し続けているということは、何を意味するのか?


賢明なあなたであればおわかりであろう。


【お急ぎ下さい。完売間近!】

は、このライテクDVD講座『ライド・ライク・ア・プロ』は、初回ロット300セットについて特別に3,000円の割引で販売している。

ライドライクアプロキャンペーン


8月1日より販売を開始したのだが、おかげさまで順調に売れ続け販売開始1ヶ月となった今、あと27個で初回ロット分が完売することとなった


初回ロットが完売すると同時に、価格は定価販売となる。


そう、割引価格で買えるのは今だけのチャンスなのだ。


もう一度言うが、完売まであと27個だ


ハーレーの取り回しの不安を解消したい。


ハーレーを思いどおりに乗りこなしたい。



し、あなたがそう思っているなら、この機会にぜひ今すぐ購入するといいだろう。


世界No.1のハーレーコーチが教えるライディングテクニックを学びたい方は、下のバナーをクリック↓

世界No.1ハーレーコーチ。世界一売れてるライテクDVD

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

リターンライダーの自覚

40歳もしくは50歳を過ぎてから、ハーレーに乗る大人がここ数年増えているという。


日本では1980年代にバイクブームがあった。その世代の人たちが、しばらくバイクから離れ、30年ぶりにバイクに乗り始める。


それも時間と経済的な余裕と当時の憧れから、国産に比べ高額なハーレー・ダビッドソンを購入する傾向が強いのだそうだ。


かくいう私もそのリターンライダーの一人だ。

マイロードキング


て、リターンライダーになるには、本人の意思だけで容易になれるものではない。


年齢的に家族を持つリーダーの立場で、お金も少し余裕があるだろうから、本人の意思次第で好きなことができる・・・とはさにあらず。


逆にその意思決定ができるリーダー的な立場が、1つのハードルとなる。


つまりそれは扶養する家族を持っていること、そして職場では部下を持ち仕事への影響力が大きくなっていることに起因する。


簡単に言えば「責任ある立場」というやつだ。


まだまだ世間では「バイク=危険」というイメージが強い。


だから、「万が一、何かあったら・・・?」を本人だけでなく、周囲の人もそう考えるのだ。


バイク、しかもハーレーに乗るということで、考えられる周囲からのプレッシャーは;

− 事故でも起こしたら、家族はどうなる?

− そんな危険なこと・・・会社の仕事はどうなる?

− あなたの道楽に○百万円? それよりも夫婦2人のためになることにお金を使って欲しい

− 今更、その年齢(体型)でバイク、しかもハーレーなんて!?

− 無理無理(似合わない、運転技術がない)



くも悪くも周りの人たちの人生に強い影響を及ぼすような立場にある人がバイクに乗るということになると、特にその影響の輪の中にいる人たちからすると手放しで賛成してくれるわけではないのだ。


実際、私もハーレーに乗ることになったとき、複数の人たちから反対まではされなくても、忠告を受けたり、心配されたりした。


もちろん、反対されるばかりではなく、応援してくれる場合もある。


特にパートナー(妻や夫)がハーレーに乗ることを後押ししてくれる場合、夫婦でハーレーを楽しめるし、それが人生の彩りをより鮮やかなものにしてくれることにもなる。


後者は、本当にラッキーだといえよう。そして、もしこの記事を読んでいるあなたがリターンライダーであるとしたなら、きっとあなたはそんな幸運なハーレー乗りの一人に違いない。


それはもうありがたいことで、ただただ、パートナーに感謝の毎日であろう ← わかる人には、わかる


て、バイクが危険を伴う乗り物であること。これはまごうことなき事実である。


二輪という不安定な乗り物であり、運転にはクルマ以上の技術、そして道路状況を踏まえての判断が重要になる。なにせ、事が起ってしまったら、クルマとは比較にならないほどの痛みを味わうことになるからだ。


さて、リターンライダーは、このように周囲の心配という名の愛情と応援があってこそ、今こうしてハーレーに乗ることができているわけだ。


だからこそ、周囲に心配をかけないよう、十分に注意して安全にハーレーライフを送ることである。安全は、自分自身のためでもあり、関わる相手のためでもあり、自分のことを心にかけてくれる周囲の人たちのためでもあるわけだ。


こういう話は、説教がましくて面白くないだろう。


周りのことを氣にしたり、他者への責任なんて面倒くさいことに縛られずに、自分のやりたいことをする「自由」こそが、ハーレーに乗る楽しさと見るむきもあることは承知している。


それに反論するつもりはない。


ただ、ここは私のブログであるから、私の個人的な意見を書き留めたいのだ。それは私への今後の自戒としても書き留めておきたい。


自由とは、ただ自分の思いのままを主張し貫き通すだけのことを指すのではない。


自由は、責任と1セットである。この2つは切っても切り離せないのだ。


夜と昼が1セットであるように、光と影が1セットであるように、磁石のN極とS極が1セットであるように。


なに1つ単独では存在できないのだ。


100歩譲って、自分は他者への責任を負うことなく、自分の意思を貫く自由をもとめると言っていたとしても、最終的にその本人は自己責任という責任を負うのだ。


何が言いたいのか、そろそろまとめに入ろう。


要は、安全に走ろうということだ。


ハーレーは楽しい。最高の乗り物だ。人生における最高の道楽の1つだ。


その楽しさをいつまでも持ち続けるためにも、お互い安全でいよう。


ハーレーをもっとも楽しんでいる人は、安全を楽しんでいる。


安全を維持し続けている人が、ハーレーを最も長く楽しんでいる。


私は、そう思うのだ。


そして、安全のためにも、ハーレーに乗る時の装備や服装は、できるだけ安全を確保できるものを心がけよう。


走行中のマナーも周りを驚かせず、周りが予測できる走行を心がけよう。


それから、自分の技術的な未熟さによる事故(転倒や接触)がないよう、しっかりとライテクを身につけておこう


実は、リターンライダーにとってもっとも重要な課題が、運動能力の維持だ。


年齢とともに確実に運動能力は衰える。運動能力は、実は五感の衰えも強く影響している。


もっともわかりやすいのが視力、聴力。若い頃と違って、目に見えて視力、聴力の衰えを私たちは実感する。


五感が衰えるということは何を意味するか?


それは即ち、状況の把握が弱まるということである。ハーレーを運転する上で、周囲の状況、道路状況を把握することは、安全の確保にそのまま直結する。


そして、状況を把握し、それに反応するには、運動能力とともにスキル(テクニック)が必要になる。


加齢とともに衰える、こうした五感、状況把握能力、そして運動能力を維持するために、私たちライダーができること、それはライディングの練習だ。


ただハーレーに乗って走ることは練習ではない!


その証拠にハーレーに乗っているメタボな中年男性が多くいるのをご存知だろう。


ただハーレーに乗っているだけでは、運動能力は磨かれることなく、維持されることもないのだ。


練習とは、目的意識や課題を持って、その克服に取り組む繰り返しの行動をさす。


低速走行、旋回、右折、左折、Uターン、急制動、スラローム走行など、あなたが教習所に通っていた頃を思い出して欲しい。


練習を終えたときは、汗をかき、体力と知力を使ったことによる疲れを感じたはずだ。もしかすると体重も少し減ったのではないか?


そして、練習の結果、バイクに乗るために必要な運動能力、状況把握能力が磨かれたはずである。


だからこそ提案したいのは、ハーレーに乗る最初の15分〜30分、もしくは乗った後の15分〜30分をライテクの練習に使うこと


友人と走る約束をしているのなら、その前の15分もしくは友人と一緒に最初の15分を広い駐車場を見つけて、そこで練習する時間に費やしてはどうだろう?


何をどのように練習すればよいのかって?


練習の内容や手順は、『ライド・ライク・ア・プロ』に詳しいので、それを購入して学ぶといい。


下の写真を見て欲しい↓

ハーレーの事故1

ハーレーの事故2

ハーレーの事故3

こうしたことを、決してあなたの身に起こしてはいけない!


ハーレー・ライフをいつまでもずっと楽しむために、安全であること、そのために何をするか、常に意識して欲しい。


あなた自身のために。そしてあなたが愛する周りの人たちのために。


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。