スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車ローキンのウィンドシールド交換

ードキング標準のキングサイズのウィンドシールド


高速走行で威力を発揮します。風圧から身体を守ってくれるし、ロングツーリングも疲れずに走行できるのは、本当にありがたい。


が、しかし・・・


前方を見るとき、ウィンドシールドを通して見ることになるので、雨に降られたり、温度差でウィンドシールドが曇ったりすると前方が見えないというリスクがあります。


南カリフォルニアは、雨がほとんど降らない地域だったのですが、世界的な異常気象の影響なのでしょう。夏場でも雨が降るという、これまでにはなかった天候が続いています。


安全第一。「安全無事に走るライダーが一番上手なライダー。そして、安全であるからこそハーレーは楽しい」をモットーとしている私としては、ウィンドシールドに一抹の不安を感じていたのでした。


ちょうど1ヶ月前までは・・・。


実は、ウィンドシールドを交換しました!


ロードキングのウィンドシールド


高さを17inchのウィンドシールドにしました。


標準(ストック)のシールドの高さが19.5inchですから、2.5inch低くなったことになります。


当然、高さが低くなれば風を受けることになるのですが、上部がわずかにカーブしていて風の流れを上にそらす作になっています。


ハーレーロードキングのウィンドシールド


れからベント(5段階調節)も付いていて、このベントを開けると風がヘルメットに当たらないように上手く設計されているというスグレモノ。


このメーカーは、Clearview Shieldsといって、アメリカのハーレー乗りの間で人氣のメーカー。


シールド上部のカーブも、あまりにカーブし過ぎるとかえって風を巻き込んでヘルメットを直撃するようになってしまいます。


Clearview Shieldsは、そこのあたりをデザインのよさだけではなく、機能面についてよく研究していて、風を巻き込まないギリギリのところでのカーブの屈折を計算しているのです。


実際、このウィンドシールド、高さは低くなったにもかかわらず、以前のストックよりも風がヘルメットに当たらずとても快適です。


ローキンのウィンドシールド


FLHRのウィンドシールド


ハーレーのウィンドシールド


れでシールドが曇ったとしても、シールド越しに前方が見えるので安全性にはまったく問題無し。


よい買い物をしたと満足です。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。