スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西海岸最大級バイクイベント「Born Free 7」

々は、数名の旧車(ヴィンテージ)好きが集まってちょっとしたノリでスタートした旧車とチョッパーを愛する会が、あっという間に西海岸で最大級のバイクイベントとなった「Born Free」。


今回はその7回目の開催となる「Born Free 7」に行ってきた。


Born Free 2015


前は、入場料などとらなかったのだが、今では駐車場代が$7、入場料$10必要になっている。


ゲート前のAdmissionで入場料を払うと、写真のようなリストバンドが配られる。これがチケット代わりだ。


Born Free 7


ートから会場内に入ると、人、人、人・・・タトゥー、タトゥー、タトゥー・・・(笑)


いわゆるチョッパーの愛好家のファッションをした人たちでごったがえしている。


それから数多くのバイク関連のベンダーがブースを出している。

ボーンフリー


内には、それこそ何百台ものバイク(ハーレーやインディアン、トライアンフ、BMW、ヤマハ、ホンダなどの旧車やカスタム車)が展示されている。


Born Free Chopper1


Born Free Custom Bike1


Born Free Chopper2


Born Free Custom Bike2


して、アメリカ全土はたまた日本のビルダーが招待され、彼らの自慢のカスタム車が展示され、コンテストが催されていた。

Born Free Contest


にかくバイク、特に旧車、カスタム車好きにはたまらないイベントだ。


日本からと思わしき雑誌やベンダー、ビルダーの人たちも結構見かけた。


声はかけなかったが、おそらく後日、日本の雑誌では、このイベントの特集が組まれることだろう。


関連のブログでも投稿があるはずだ。


場内では、いたるところでTシャツが売られている。


下は、主催のBorn Freeが販売しているTシャツ。


いろいろある中で、一番氣に入ったのがこのTシャツでした。

Born Free Tシャツ


当にいろんな個性的なカスタムがあって、面白いし、そのアイデアの奇抜さや創造力に感心しっぱなしではあったのだが、それでもやっぱり思うのは、1番のカスタムは・・・


バイクではなく、ライダーの腕!


これだけは変わらない。


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

もうハーレーは怖くない
スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。