究極のハーレーカスタムはライダーの腕!

ハーレーの魅力は、バイク自体や乗り味もそうだが、自分好みにカスタムしていくプロセスも多くのハーレー乗りにとって、大きな魅力となっている。


ただ一方で、煌びやかにカスタムされたハーレーが、信号で停車するときにグラついたり、発進時にモタついたり、足を着きながらおそるおそるUターンしていたり、駐車場で足をベタつかせて停めている姿を見ていると、ガッカリするというか残念でならない。


ライダーがレザーでカッコよく決めていたり、パイプをカスタムして大きなエンジン音を轟かせたハーレーであればなおさらだ。


正味の話。一番カッコいいハーレーは、颯爽と乗りこなしているライダーのハーレーだ。


ハーレー乗りで集まると、集合場所で停めているハーレーを見ているときはカスタムされたものが注目されるが、走っているときは、特に低速を強いられる状況であれば、安定してスムーズに乗りこなすライダーが乗っているハーレーだ。


下手な乗り手のハーレーは、別の意味で注目されてはいるが。。。。


だからこそ、ハーレーをカスタムする前に、ライダー自身が腕をカスタムすることが肝心だと個人的に思う。


ライディングの腕が上達することは、大金をはたいてカスタムしたハーレーの投資を守ることにもなる。せっかくお金をかけてカスタムしても、転倒してしまい修理にまた大金がかかるというのでは、ちょっと悲しいではないか。。。


バイクだけならまだいい。もしも万が一ライダーの身に、一生残るような傷や障害を抱えることになったら・・・・と、考えると、やはりライディングの腕を上達させることは何にも増して、ラーダーが取り組むべきことだと思う。


女性であれば、なおさら身体に傷をつけたくないだろう。男性なら、周りから真の意味で一目置かれたいと思うのではないだろうか?


これからあるビデオを紹介する。


それは無免許の女性が、プロのように自在にハーレーを乗りこなせるようになるまで、免許取得からどれくらいの時間を要したかを教えてくれる証拠となる映像だ。


なんと、信じられないかもしれないが、バイクに一度も乗ったことのない無免許の女性が、免許取得からプロのようにハーレーを自在に乗りこなせるようになるまでかかった時間は、わずか18時間だ。


これがその証拠↓

Part1.




Part2.




ステファニーができたのなら、私たちだってできる。


そうだよね?


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村


世界No.1のハーレーコーチが教えるライディングテクニックを学びたい方は、下のバナーをクリック↓

世界No.1ハーレーコーチ。世界一売れてるライテクDVD

Topic : Harley-Davidon
Genre : Car/Bike

Post a comment

Private comment

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR