スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレー夏に着るウェア

夏にバイクに乗るのは、最高!・・・と、言いたいところだが、実際には暑さとの付き合い方が大変だ。


それはここ南カリフォルニアでも同じ。まぁ日本のように湿氣がないだけマシなのだが。。。


日差しの暑さは、日本も南カリフォルニアも同じだ。


それも空冷のハーレーなわけだから、停車しているときのあのエンジンの熱氣はたまったものではない。


走っている時はいく分マシとはいえ、それでもやはりレザージャケットを着て走りたいとは正直思えない。


かといって安全面をないがしろにしては、万が一ということもある。


ハーレー(バイク)に乗るということは、常に危険を伴うのである。家族を持ち、仕事をしている身であれば、何かあったとき、それは自己責任だから・・・では、おさまらないのである。


そこで、暑い夏に快適さと安全の両方を保ちながらハーレーを楽しむために、いろいろと物色しながら最終的に自分なりにたどりついた夏用のウェアについて紹介したい。


1つめは、胸、肩、背中の前面にパッドの入ったXelementのベスト。

Xelement Padded Vest

RSタイチエルボーガードTRV060

これと一緒に、腕にRSタイチのエルボーガードTRV060を装着して乗る。


Xelementのパッドは、薄く、大きな事故に遭えば、保護という面から言えば正直心もとない。


しかし、これを着ることで、ハーレーに乗る前に安全に対する自覚が生まれる。


また氣休めであっても、パッド入りのベストを着ることで少し安心感が生まれることで、コーナーを曲がっているときに、前方に氣が出るものだ。


これはとても重要だ。なぜなら自分が走る方向に氣が向かうことで、体感速度がいくらか遅く感じれて、それが平常心となり、バイクに乗る時の恐怖を感じずにいられるからだ。怖れは、身体に緊張を生み、不要な力みとなってバイクの運転に支障が出る。


平常心で走ることが最もバイクを安全に走らせることにつながる。


さて、とはいえやはり薄いパッドでは心もとないという場合、ホンダボディプロテクターTH-L94を装着するのはどうだろう?

ホンダボディプロテクターTH-L94

ホンダボディプロテクターTH-L94後

さすがはホンダだけあって、プロテクターの作りはハードでしっかりしている。それにメッシュなので風通しもよい。Tシャツの上にこのプロテクターを付けて乗るのだ。


ただし、このままでは、せっかくハーレーに乗っているのにプロテクターがむき出しのためかっこ悪いと思うだろう。


実際には、私はこの上にベストを着ている。

ハーレー夏用ベスト


より安全なのは、もちろん長袖のジャケットなのだが、それではさすがにこの夏の暑さの中はツライ。


次善の策が、このベストとプロテクターの組み合わせなのだ。


ハーレー(バイク)乗りにとって夏は辛いけれども、それでも乗りたい、と思うもの。そして、やっぱり走ると氣持ちいい〜。


雪や道路が凍結でもしない限り、年中ハーレーに乗りたい。これはハーレー乗りの共通の思いなのだと思う。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

わずか2時間半でハーレーを操る
スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。