スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレーのシートをカスタムする

ハーレーを自分好みにカスタムする。


これはHD純正のパーツやアフターパーツ、そしてハーレー専門にカスタムする業者が豊富なハーレーならではの楽しみの1つであり、それがハーレーの大きな魅力だ。


カスタムをする上で、その目的は人それぞれだが、私にとってハーレーをカスタムするのは、「快適」の追求がそのテーマとなる。


そして、快適なライディングを可能にするのは、サスペンションとシート。


ということで今回は、ロードキングのストックシートをカスタムした。


私は2013年のFLHRいわゆるロードキングに乗っている。


そして、ロードキングのストックシートのデザインが好きだ。


しかし、170cmに満たない私には、ノーマルのままでは少しばかり足つきがよくない。地面に両足ベッタリというわけにはいかないのだ。


両足がべったり地面に付くだけで、安心感はかなり違うし、自信が生まれる。自信を持って運転するから腕も磨かれるというものだ。


そこで、ロードキングの足つきを改善すべく、ネットで、シートのカスタムを行う業者を探した。


するとハーレーのカスタムシートで有名なDanny Grayが、我が家からクルマで20分のところにあるのがわかった。


早速、電話で連絡をとり、既存のストックシートのカスタムを行っているか確認した。


どうやら私が思い描いているカスタムを予算内で行ってくれそうであることがわかった。


ただし、スケジュールが一週間先まで埋まっていて、さらに作業時間を含めると二週間はかかるということだった。


結果、カスタムしてもらったのが下の写真だ。

ロードキングのストックシート

カスタムしたシートは、前方のフレームを削った。その結果、見た目は細くなっているように見えないのだが、実際には、フレームが削られているので、前方は足が当たるとシートが細くへこみ、両足べったりになる。


それからお尻と腰の下の部分にあたる部分にパッドを追加して、座席位置が前方にしてもらった。これで以前よりも座席位置がタンクよりになる。

ロードキングのシートをカスタム


さて、肝心のできはどうかと言えば、シート高が低くなり、両足はべったりつくのだが、少しばかりハンドル位置が高くなった感じがする。実はハンドルはヘリテイジバーに変更しているので、ノーマルよりも高いのだが、今回のシートのカスタムで前よりも高く感じる。


また、乗り心地も変わり、前よりも硬くなるどころか、逆にソフトになった。


ハンドル位置が高く感じられるようになったためか、ハンドリングが少し変わった。


少し慣れは必要だけど、実は前よりも運転しやすくなり、腕が上達したかのような氣がするほどだ。


このように希望どおりのシートになったわけだが、慣れとは怖いものだ。


しばらくするとカスタムしたシートにも慣れ、せっかく改善された点も、いつしかそれが当たり前に感じるようになる。


そして、だんだん他の至らない点に目がいくようになるものだ。


自分好みの仕様にカスタムしたシートも、200mile以上の距離を走るときは、お尻が若干だが痛いと感じるようになった。


実際、オレンジコーストのチャプターメンバーとアローヘッド湖までツーリングに行ったのだが、帰り道はお尻が痛くて、何度も座位置を変えながら走ったのだった。


そこで、お尻の痛みを和らげようと手に入れたのがこちら↓

ハーレーロードゼッペリン


これは、HD純正のロードゼッペリンと呼ばれるものだ。中に空気を入れてお尻がシートにあたる部分のプレッシャーを分散してくれる。


これをシートの上に置いて設置するのだが、座る位置が高くなり、せっかく足つきのよくなったシートが、また以前のようになってしまうという点が少し残念ではある。


しかし、このパッドはツーリング等の長距離を走るときだけ装着すればよいので、日常乗りではまったく問題にならない。


なので、とてもよい買い物をしたと氣に入っている。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村


世界No.1のハーレーコーチが教えるライディングテクニックを学びたい方は、下のバナーをクリック↓

世界No.1ハーレーコーチ
スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。