スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uターンのとき、なぜ不安になるのか?

日本の道路は狭い。特に、山道や田舎道には、クルマが1台しか通れないような狭い道があったりする。


その道幅は、駐車場の車両1台分よりちょっと広いくらいだ。


運悪く、そういう道を走行しているとき、何らかの事情でその道が通行止めになっていた場合、そこからUターンして引き返さなければならなくなったとする。


さて、Uターンをするのだが、道が狭いので足をつかずにUターンできるかどうか不安だ。


大丈夫だろうか?


それとも足をついてゆっくりと確実にUターンをしようか?


はたまた切り返しを使って、折り返すか?


判断に迷うことだろう。


もし、少しでも不安になるのであれば、自分にとってもっとも自信のある方法でUターンすることだ。


誰が見てようが見ていまいが関係ない。


一番よいUターンは、確実に安全にUターンできることだからだ。


と、こんなことを言うと、これまで駐車場やUターンで足をつかずにカッコよく操作できるようになることを勧めていた私らしくないと思われるかもしれない。


しかし、私がもっとも大事に思っていることは安全と確実性だ。そして、スマートなライダーになることである。


スマートとは「賢明」という意味だが、それは自分のスキルに合った確実で安全な判断ができるということだ。


だから決して自分のスキル以上の無理な操作を勧めることはしない。


ポイントは、現時点では無理だと思えるスキルを、正しい練習法とインストラクションによって、一段も二段も上にレベルのライテクを身につけることを勧めているのだ。


さて、日常バイクで走っていて、Uターンをしなければならない状況にあったとき、先ほどの3つの内、どの方法でUターンをするか判断しなければならない。


ここで、自分に合った適切な方法を選択できるためには、日頃から自分がどれくらいの道幅ならUターンできるのか、現状のスキルレベルを知っておくことが大事だ。


単に、勘で、これくらいなら足をつかずにUターンできそうかな?と思って、やってしまうと後で後悔することになりかねない。


Uターンの途中で「しまった曲がりきれない!」と思ってしまうと、誤った操作;例えばエンストを怖がるあまり、クラッチを完全に切ってしまったりする。そうすると動力を失うので、ハーレーの車重そのままの重力がのしかかり転倒するはめになってしまうのだ。


このように私たちは予期せぬことが起ると、ちょっとしたパニックになり賢明な判断と操作ができなくなる。


だからこそ普段から練習して、自分のスキル、Uターンはどのくらいの道幅ならば可能かということを知っておくことだ。また、練習することでマッスル・メモリー(身体が覚える)になり、意識しなくても身体が適切な操作をしてくれるようになる。


ぜひあなたも、ツーリング前の15分〜30分時間をとって練習することを心がけて欲しい。


そして、周りから一目置かれるようなスマートなハーレー乗りになっていただきたい。


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

停止で立ちゴケしないために・・・

先日、El Toroにあるバイカーズ・バーのCook's Cornerの駐車場にハーレーを停めて、ヘルメットを脱いだ頃に、爆音を響かせながらFLHXに乗ったタトゥーの男性が乗りつけてきたので、そちらに目を向けると。


その男性が駐車しようと、クィッと曲がって停めようとしたときだ。バイクが左側に傾いたかと思うと、そのままググー、ガッシャンと立ちゴケしてしまった。


私は、バイクを起こすのを手伝おうと思い、彼の方に歩きかけたそのとき。


その男性は、すぐさまスクッと立ち上がり、倒れたハーレーを難なく起こし、周りをちょこっと見渡した後に、そのままバーの方へと何事もなかったかのように歩いていった。


時間にしてほんの数分といったところだ。


このとき思ったことがある。


それは立ちゴケは、以外となさそうであるものだと。しかも、ハーレーに何年も乗ってそうな人であっても立ちゴケするのだと。


しかし・・・しかしである。


やっぱり立ちゴケはカッコ悪い。そして、恥ずかしい。


ヘタすれば、レバーが曲がったり、ペグが折れることだってあるし、車体が傷つくこともある。


そうなると修理代がかかるし、それからライダーとしての精神的なダメージも小さくない。


そもそも立ちゴケは、ライダーの不注意によって起る。


ライディングのスキル不足で立ちゴケをすることは稀だ。


立ちゴケしないようにする方法は、ライダーなら誰だって知っている。


要は、ちょっとした心のスキによって、注意を怠るために立ちゴケしてしまうのだ。


そこで、立ちゴケしないためのライディングの正しい意識の向け方について以下に述べる。


まず、なぜ立ちゴケするのか、そのメカニズムを知っておくとよい。


答えは、とてもシンプルで、立ちゴケが起る理由は「重力があるから」に他ならない。


2つの細いタイヤで支えられるバイクは、重心が少しでも片方に移動すると、重力によって重心が傾いた方向に倒れる。というか、バイクが重力に導かれる方向に向かうのだ。


そもそもバイクは、重心が中央でバランスがとれている状態であれば、決して倒れることはない。


しかも、ハーレーのように重心が低く、車重が重いバイクは、重心を中央でバランスしやすいので、本来は転倒しにくいバイクである。


実際、ハーレーに跨がってみれば、その安定感を実感することだろう。


さて、そこでぜひ実際に試してみて欲しいのだが。バイクに跨がって、少し左側に車体を傾けてみる。


そうするとあなたが何もしなくても、ステアリング(ハンドル)が、自然に左に切れていくことに氣づくはずだ。


これをセルフステアリングと呼ぶ。


ここで認識して欲しいのは、バイクが傾いている時は、ステアリングが切れているという事実だ


そして、言うまでもなく、ステアリングの切れ角に応じて前輪も左右どちらかを向いているのである。


これを逆にすると、立ちゴケのメカニズムがわかる。


例えば、ステアリングが左に切る→前輪が左方向を向く→車体が左に傾く。


車体が左に傾くと、中央にあった重心が左に移動する。


すると、ハーレーの車重が重力となって左下の地面へと向かう。


ハーレーが左側に転倒・・・これが立ちゴケである。


バイクが転倒するのは、ステアリング(ハンドル)が左右どちらかに切れている状態のときだ!


もう一度言うが、車重が重く、重心が低いハーレーは、真っすぐ直立の状態であれば、これほど安定して倒れないバイクは他にはない。


しかしながらひとたび、車体が傾くと、その車重が仇となって、重力の影響を受け地面へとバイクが向かってしまうのだ。


特に停車するときは、バイクに動力がかかっていないため、バイクにかかる力は重力だけになる。なので、バイクは重力の方向に向かうのだ。


特にステアリングを左右に切っている状態で、フロントブレーキを使ってしまうと、フロントサスの沈みも手伝って、簡単に転倒してしまう。


さらに加えて、目線が足下に向いているなら、もう転倒は避けられないといってよい。


まとめると、立ちゴケを避ける絶対の方法は、ハンドルを切らずにまっすぐにし、バイクが地面と垂直の状態でフロントとリアブレーキの両方、もしくはリアブレーキのみで停止。


やってはいけないのは2つ;

1.目線を足下に向けること

2.ハンドルを切りながらフロントブレーキを使う


今回は停止時の立ちゴケの話をしたが、また今度別の機会に、発進時および低速走行時の転倒(立ちゴケ)について述べるので、またこのブログをチェックして欲しい。

Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

ハーレーにバックギアとK&H製のマフラーガード

駐車していたロードキングをバックさせようとしたとき、過去に3度、道路のくぼみにハマって立ち往生したことがあった。


そのときは周りの人にヘルプをもとめ、無事に事無きを得た。


それから私が暮らすカリフォルニア州オレンジカウンティは、ビーチが多いので有名なのだが、ビーチタウンの駐車スペースは下りに向かって前から突っ込むようになっている。しかも、行き来するクルマが多く人通りも多いため、バックで駐車する余裕がない。


しかしながら、もしもまともに右斜めに下る駐車スペースにハーレーを頭から突っ込むように駐車してしまったら、駐車スペースから出るには、後方右斜め、しかも登りの方向にハーレーを出すことになる。


車重350キロを超えるロードキングをバックで登りに向かって押すなど、不可能に近い。


そういう経験と事情から愛車のロードキングにバック・ギア(リバース・ギア)を装着することにした。


日本だとバックギアは、マンバ製のものが人氣と聞く。


ネットで検索したりハーレーのフォーラムをチェックして、どうやらChampion Trike製のリバースギア(アメリカではバックギアとは呼ばない)がよいらしい。しかもChampion Trike社は、家からバイクで25分くらいのところに本社があるらしい。


早速電話をし、こちらの希望を伝え、見積もりを聞いた。


少し値がはるが許容範囲だ。ということで翌日にChampion Trikeでリバースギアをインストールしてもらうことにする。ちなみに1日がかりの作業となるということで、妻にクルマで後をついてきてもらい、翌日受け取ることにした。


Champion Trikeのリバースギアは電動式ではなく、機械式だ。なので、右の足下にギアシフトを装着する。


Champion Trike製リバースギアバックギア)↓

Champion Trike製リバースギア


バイクに乗りながらの取り回しのときに、少し足が当たるのだが、大きな問題ではない。


さて、日本でのバックギアの世間での評判はどうなのだろう?


実は、リバースギアを取り付けたのはよいのだが、その後ディーラーの人やHOGのメンバーに会う度に、「これは何だ?」と質問される。


そこで「リバースギアだ」と答えると、最初は興味を持ってくれるのだが、その値段を聞かれ、答えると「信じられない」というそぶりをされる。


年に何度使うかわからないようなものに$1,400(約14万円)超ものお金をかけるなんて・・・というのがその理由だ。


しかし、私がハーレーのカスタムで重要視しているのは快適性と便利性だ。


駐車する場所を見つけるのに苦労したり、駐車するために停め方を考えながらやるのは面倒だ。停めたいところに、楽な方法で停めたい。


そして、駐車場からハーレーを出す時も、人の助けなど借りたくはない。


いつかアメリカ中をハーレーで旅したいと考えているので、他人の助けを必要とするような不安要素はなるべく排除したいのだ。


だから誰が何と言おうと、私はリバースギアを取り付けたことを後悔していない。むしろ自慢したいと思っている。


ただ、アメリカではリバースギアは支持されていない。トライクに付けるのならまだしも、二輪のハーレーに取り付けるのは、共感してもらえないのだ。


ハーレーのディーラーの人も、「俺はここで14年働いているが、これまでリバースギアを取り付けたヤツはお前で二人目だよ」とのこと。


リバースギアはそれだけ珍しいことなのだ。


さて、リバースギアと同じく、アメリカ人に不評だったカスタムが、マフラーガードだ。


ハーレー乗りであれば既にご存知のように、エンジンからの熱は結構熱い!夏は足が火傷しそうなほど熱い!


ハーレーでは熱対策としてミッド・エアー・ディフレクターを用意しているが、マフラー部分に対策となるパーツは売っていない。


そこでネットで調べたら、アメリカではそういうものはないのだが、さすがは我が日本。


こういう細かな配慮が行き届いている。


ということで、見つけたのがK&H製マフラーガード

K&H マフラーガード


訪日したとき、早速購入して、アメリカに戻って取り付けた。


その効果は、確実に無いよりはマシ!


無駄では決してない。しかし、完璧とは言えない。なぜならこのマフラーガードを取り付けてもやっぱり熱いからだ。


しかし、それでもいく分熱は避けることができるので、これを買ったことは後悔していない。いや、むしろ買ってよかったと思っている。


ところが、これがアメリカ人に評判がよろしくないのだ。


ディーラーをはじめ、バイクショップ、それからHOGメンバー、バイカーズカフェなどで、同じハーレー乗りと話をしていると、いつものように自分のハーレーやカスタム自慢になる。


そこで必ず指摘されるのが、このマフラーガード


「これは何だ?」

マフラーガードさ。熱対策になる。これを付けると、熱さがかなり軽減できるんだ。お勧めだよ」と、私が言うと。

「He〜y, it's a Harley, man! What are you talking about?」と、やられる。


つまり、何言ってんだ。俺たちはハーレーに乗ってるんだぞ。エンジンの熱が熱いって?それがハーレーだろ。

ハーレーとは、熱いものなんだ。


というわけである。


これには、もうまったく何も反論できない私であった。


そうなのだ。エンジンが熱い。それでこそハーレーなのだ。


エンジンの熱氣。それこそハーレーの味わいなのだ。


ハーレー好きは、ハーレーのそういうところまで愛するのだ。


言うまでもなく、ハーレーはアメリカで生まれたバイクだ。日本人のにわかハーレー好きと、本場アメリカのハーレー乗りとは、もうその文化というか精神に根づいたものが違うのだった。


変えようとしないし、変える必要もない。今のままのそのままのハーレーが、ハーレーらしいのである。


そしてそのハーレーだから愛しているのだ。


ハーレー本社はプロジェクト・ラッシュモアや最近の電動バイクであるプロジェクト・リブ・ワイヤーで、新しい顧客を開拓しようとしている。


だけど昔からのハーレー乗りは、それをもとめていないようだ。


しかしだからといって、ハーレーが新しい試みをすることに否定的なわけでもない。


他人が何をしようと構わない。自分とハーレーの世界。それを大事にしているのである。


ハーレーの国のハーレー乗りは、やはり文化を持っているのだった。


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

あっという間に完売間近になってしまい感謝!

れから紹介するのはアメリカ在住の18歳の女の子であるビクトリア。


彼女はアメリカ人にしては小柄で、身長は149cm。平均の日本人女性よりも小柄だ


彼女は普段は、ハーレーのスポーツスターに乗っている。ただし、そのスポーツスターでも、彼女の足は地面に届かなかった。


そこで、シートを替え、サスペンションをローダウンして、ようやくつま先が地面に着くようになった。


その小さなビクトリアが、超大型バイクであるハーレーのツーリングモデルやビクトリーなどに乗りたいと思った。


しかし、そのままでは超大型、重量級のツーリングモデルを乗るのは、取り回しの面で不安があった。


周りの人も危ない、無謀だと言って、止めにかかった。


だが、周囲が反対すればするほど、ビクトリアの大型バイクへの憧れは増すのだった


こで彼女はアメリカのバイク雑誌やテレビ番組で盛んに紹介されている『ライド・ライク・ア・プロ』と呼ぶハーレーのライテクDVD講座を手にし、2時間30分ほどインストラクションに従って練習した


わずか2時間半後の彼女が、下のビデオにある↓




分で起こすことも、足が地面に着きもしない超大型のビクトリーに乗って、苦もなく小回り旋回している姿を見て、あなたはどう思うだろう?


ビクトリーだけではない。今度はさらに大きなホンダのゴールドウィングに乗ってみた。


彼女がゴールドウィングに乗るのは、今回が始めてである。


そこで慣れるために、最初に5分ほど試乗した。


そして、5分の試乗後にビデオで撮影したのが下の映像だ↓




重430キロのゴールドウィングを身長149cmの小柄なビクトリアが軽々と乗りこなしている。


果たして、この映像を観て、あなたは今でもなお

「身体が小さな自分には無理」

「体力のない私には無理」

「私は女性で非力だからできっこない」

「私のバイクは大きすぎて無理」



などと言えるだろうか?


女の年齢は18歳。バイク歴の長いベテランライダーではない。


特別なトレーニングを長期間受けたわけでもない。


わずか2時間半、DVDを見て、DVDのインストラクションどおりの練習をしただけだ


たったそれだけの時間、練習しただけで映像のように自分よりも大きく重い超大型バイクを自在に乗りこなすことができているのだ。


何かの魔法か?


確かに魔法かもしれない。


かし、その魔法は、誰もが手にし、使うことができる魔法だ。


しかも、数時間でマスターできる魔法だ。


その魔法は、ハーレーライテクDVD講座『ライド・ライク・ア・プロである。


ハーレーの本場アメリカで世界No.1ハーレー・コーチとして知られているジェリー“モーターマン”パラディーノが開発したメソッドだ。


『ライド・ライク・ア・プロ』は、アメリカで2001年に発売以来、累計100万本を超えるバイク関連のDVDとしては異例の大ヒットとなった紛れもなく世界一売れているライテクDVDである。


14年以上、100万本も売れているという事実は、このDVDが本物であることの証だ。


このDVDの紹介文には、「誰もがDVDのインストラクションに従って数時間練習すれば、上のビクトリアの映像のように超大型バイクで小回りをきかせた走行を楽々できるようになる」とある。


もし、DVDを購入した人が書いてあることが間違っているとクレームしようものなら、既にこのDVDは販売中止になっているはずだ。


それが今に至っても14年以上販売し続けているということは、何を意味するのか?


賢明なあなたであればおわかりであろう。


【お急ぎ下さい。完売間近!】

は、このライテクDVD講座『ライド・ライク・ア・プロ』は、初回ロット300セットについて特別に3,000円の割引で販売している。

ライドライクアプロキャンペーン


8月1日より販売を開始したのだが、おかげさまで順調に売れ続け販売開始1ヶ月となった今、あと27個で初回ロット分が完売することとなった


初回ロットが完売すると同時に、価格は定価販売となる。


そう、割引価格で買えるのは今だけのチャンスなのだ。


もう一度言うが、完売まであと27個だ


ハーレーの取り回しの不安を解消したい。


ハーレーを思いどおりに乗りこなしたい。



し、あなたがそう思っているなら、この機会にぜひ今すぐ購入するといいだろう。


世界No.1のハーレーコーチが教えるライディングテクニックを学びたい方は、下のバナーをクリック↓

世界No.1ハーレーコーチ。世界一売れてるライテクDVD

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

ハーレーのUターンが怖い!?

ハーレーは大好きだけど、まだ取り回しに自信がない・・・。


というハーレー乗りが、初心者だけでなくベテランライダーでも結構多いそうだ。


大きな車体に、350キロを軽々と超える車重。


それに加えて強力なトルク。


中高速で走行する時は問題なくても、低速走行でのターンや旋回、ましてやUターンとなると、ガクガクしたり、エンストしそうになったりする・・・。


あなたは、ハーレーでのUターンにお困りではないだろうか?


これから紹介するのは、バイク歴30年、それまでに7台のバイクを乗り継いできたベテランライダーだ。


しかし、そんな彼も、Uターンだけは常に悩みの種だったらしく、実際にUターンを避けるために、遠回りすることも度々あったそうだ。


どうしてもUターンをしなければならないときは、それこそ恥も外聞も捨てて、両足を地面に着きながら恐る恐るUターンしていたとのこと。それでも、コケそうになったりエンストしそうでドキドキしながらUターンするのが嫌だった。


そんな彼が、ある日を境に、Uターンを楽々とこなすようになったのだった。


下の動画がその証拠だ↓




前半は、日本人の多くが苦手とする右Uターン。ご覧のように、彼は楽々とUターンしている。しかも駐車場の2車線、つまり5m幅の中でのUターン。それも停止した状態からの右Uターンだ。


この停止した状態からの右Uターンは、日本の道路事情だとよく起こりえるシチュエーションなので、読者にとっては参考になるだろう。


言っておくが、このベテランライダー、それまで30年間もまともなUターンができずに、常に遠回りしていたのだ。


それから後半の映像はアメリカでよくある左Uターン。もちろん、これも軽々と5m幅の中でこなしている。


これができれば、前に書いた記事『駐車場でカッコよくハーレーを停めるには?』にあるような周りから一目置かれるようなスマートな駐車ができるようになる。


さて、では彼はどうやって苦手のUターンを克服したのだろうか?


30年ものバイク歴がある彼は、他人にUターンの克服法を教えてもらうには、自尊心が強すぎてとても相談できない。


ライテクを教えてくれるスクールで、初心者ばかりの若者たちと一緒に習うというのも氣乗りがしなかったらしい。


そうこうしているうちに、いつまでたってもUターンを克服するめどが立たない・・・と、そんなとき、彼はUターン克服の虎の巻を見つけたのだった。


彼がUターンを克服したきっかけとなった虎の巻とは、何だったのか?


その秘訣を、彼自身のコメントで紹介すると↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
I started riding in 1979 and have practiced low-speed handling on the seven
different bikes I've owned over the years, but it wasn't until I discovered
"Ride Like a Pro" that I learned the right way.

I strongly recommend getting Ride Like A Pro DVD and practicing what you learn.

(私は1979年からバイクに乗り始め、合計7台のバイクで低速走行の練習をしてきた。
しかし、『ライド・ライク・ア・プロ』のDVD講座を観るまで、低速走行をマスター
する方法がわからなかった。

ぜひとも『ライド・ライク・ア・プロ』のDVD講座を手に入れて、学んだことを練習
することを強くお勧めする。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言っておくが、ビデオにあるようなUターンを、そのまま練習しても同じようにはできない


いや、やろうとしても怖い思いをするだけだ。転倒するかもしれないし、最悪ケガすることもあるかもしれない。


ライテク本などで紹介されているUターンの克服法は、Uターンをする方法を教えている。つまり、Uターンするときの目線やクラッチ操作、スロットルの状態などである。


しかし、そういうことを学んでも、Uターンを苦手とする人ができっこないのが実際だ。


Uターンを克服するには、Uターンの練習をする前に、必要な基本スキルをしっかりと練習するステップを踏むことが重要なのである。


物事には順番がある。足し算を学ばずに、いきなりかけ算を学んでも苦労するだけだ。


1つ1つ、適切な手順を踏んで、基本スキルを1つずつ身につけていく中で、Uターンを練習すると、まったく苦もなくできるようになる。


Uターンが苦手意識のある人が、Uターンをするときに不安に思う、転倒の恐怖やエンストに対して、しっかりと自信を持つことができている状態で、Uターンのインストラクションに則る練習をすると、ほんの30分もしないうちにUターンをマスターすることができる。


ビデオで紹介している彼も、DVDを見た後に1時間弱の練習で、あのように楽々とスムーズに5m幅でのUターンができるようになったのだ。


ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

リターンライダーの自覚

40歳もしくは50歳を過ぎてから、ハーレーに乗る大人がここ数年増えているという。


日本では1980年代にバイクブームがあった。その世代の人たちが、しばらくバイクから離れ、30年ぶりにバイクに乗り始める。


それも時間と経済的な余裕と当時の憧れから、国産に比べ高額なハーレー・ダビッドソンを購入する傾向が強いのだそうだ。


かくいう私もそのリターンライダーの一人だ。

マイロードキング


て、リターンライダーになるには、本人の意思だけで容易になれるものではない。


年齢的に家族を持つリーダーの立場で、お金も少し余裕があるだろうから、本人の意思次第で好きなことができる・・・とはさにあらず。


逆にその意思決定ができるリーダー的な立場が、1つのハードルとなる。


つまりそれは扶養する家族を持っていること、そして職場では部下を持ち仕事への影響力が大きくなっていることに起因する。


簡単に言えば「責任ある立場」というやつだ。


まだまだ世間では「バイク=危険」というイメージが強い。


だから、「万が一、何かあったら・・・?」を本人だけでなく、周囲の人もそう考えるのだ。


バイク、しかもハーレーに乗るということで、考えられる周囲からのプレッシャーは;

− 事故でも起こしたら、家族はどうなる?

− そんな危険なこと・・・会社の仕事はどうなる?

− あなたの道楽に○百万円? それよりも夫婦2人のためになることにお金を使って欲しい

− 今更、その年齢(体型)でバイク、しかもハーレーなんて!?

− 無理無理(似合わない、運転技術がない)



くも悪くも周りの人たちの人生に強い影響を及ぼすような立場にある人がバイクに乗るということになると、特にその影響の輪の中にいる人たちからすると手放しで賛成してくれるわけではないのだ。


実際、私もハーレーに乗ることになったとき、複数の人たちから反対まではされなくても、忠告を受けたり、心配されたりした。


もちろん、反対されるばかりではなく、応援してくれる場合もある。


特にパートナー(妻や夫)がハーレーに乗ることを後押ししてくれる場合、夫婦でハーレーを楽しめるし、それが人生の彩りをより鮮やかなものにしてくれることにもなる。


後者は、本当にラッキーだといえよう。そして、もしこの記事を読んでいるあなたがリターンライダーであるとしたなら、きっとあなたはそんな幸運なハーレー乗りの一人に違いない。


それはもうありがたいことで、ただただ、パートナーに感謝の毎日であろう ← わかる人には、わかる


て、バイクが危険を伴う乗り物であること。これはまごうことなき事実である。


二輪という不安定な乗り物であり、運転にはクルマ以上の技術、そして道路状況を踏まえての判断が重要になる。なにせ、事が起ってしまったら、クルマとは比較にならないほどの痛みを味わうことになるからだ。


さて、リターンライダーは、このように周囲の心配という名の愛情と応援があってこそ、今こうしてハーレーに乗ることができているわけだ。


だからこそ、周囲に心配をかけないよう、十分に注意して安全にハーレーライフを送ることである。安全は、自分自身のためでもあり、関わる相手のためでもあり、自分のことを心にかけてくれる周囲の人たちのためでもあるわけだ。


こういう話は、説教がましくて面白くないだろう。


周りのことを氣にしたり、他者への責任なんて面倒くさいことに縛られずに、自分のやりたいことをする「自由」こそが、ハーレーに乗る楽しさと見るむきもあることは承知している。


それに反論するつもりはない。


ただ、ここは私のブログであるから、私の個人的な意見を書き留めたいのだ。それは私への今後の自戒としても書き留めておきたい。


自由とは、ただ自分の思いのままを主張し貫き通すだけのことを指すのではない。


自由は、責任と1セットである。この2つは切っても切り離せないのだ。


夜と昼が1セットであるように、光と影が1セットであるように、磁石のN極とS極が1セットであるように。


なに1つ単独では存在できないのだ。


100歩譲って、自分は他者への責任を負うことなく、自分の意思を貫く自由をもとめると言っていたとしても、最終的にその本人は自己責任という責任を負うのだ。


何が言いたいのか、そろそろまとめに入ろう。


要は、安全に走ろうということだ。


ハーレーは楽しい。最高の乗り物だ。人生における最高の道楽の1つだ。


その楽しさをいつまでも持ち続けるためにも、お互い安全でいよう。


ハーレーをもっとも楽しんでいる人は、安全を楽しんでいる。


安全を維持し続けている人が、ハーレーを最も長く楽しんでいる。


私は、そう思うのだ。


そして、安全のためにも、ハーレーに乗る時の装備や服装は、できるだけ安全を確保できるものを心がけよう。


走行中のマナーも周りを驚かせず、周りが予測できる走行を心がけよう。


それから、自分の技術的な未熟さによる事故(転倒や接触)がないよう、しっかりとライテクを身につけておこう


実は、リターンライダーにとってもっとも重要な課題が、運動能力の維持だ。


年齢とともに確実に運動能力は衰える。運動能力は、実は五感の衰えも強く影響している。


もっともわかりやすいのが視力、聴力。若い頃と違って、目に見えて視力、聴力の衰えを私たちは実感する。


五感が衰えるということは何を意味するか?


それは即ち、状況の把握が弱まるということである。ハーレーを運転する上で、周囲の状況、道路状況を把握することは、安全の確保にそのまま直結する。


そして、状況を把握し、それに反応するには、運動能力とともにスキル(テクニック)が必要になる。


加齢とともに衰える、こうした五感、状況把握能力、そして運動能力を維持するために、私たちライダーができること、それはライディングの練習だ。


ただハーレーに乗って走ることは練習ではない!


その証拠にハーレーに乗っているメタボな中年男性が多くいるのをご存知だろう。


ただハーレーに乗っているだけでは、運動能力は磨かれることなく、維持されることもないのだ。


練習とは、目的意識や課題を持って、その克服に取り組む繰り返しの行動をさす。


低速走行、旋回、右折、左折、Uターン、急制動、スラローム走行など、あなたが教習所に通っていた頃を思い出して欲しい。


練習を終えたときは、汗をかき、体力と知力を使ったことによる疲れを感じたはずだ。もしかすると体重も少し減ったのではないか?


そして、練習の結果、バイクに乗るために必要な運動能力、状況把握能力が磨かれたはずである。


だからこそ提案したいのは、ハーレーに乗る最初の15分〜30分、もしくは乗った後の15分〜30分をライテクの練習に使うこと


友人と走る約束をしているのなら、その前の15分もしくは友人と一緒に最初の15分を広い駐車場を見つけて、そこで練習する時間に費やしてはどうだろう?


何をどのように練習すればよいのかって?


練習の内容や手順は、『ライド・ライク・ア・プロ』に詳しいので、それを購入して学ぶといい。


下の写真を見て欲しい↓

ハーレーの事故1

ハーレーの事故2

ハーレーの事故3

こうしたことを、決してあなたの身に起こしてはいけない!


ハーレー・ライフをいつまでもずっと楽しむために、安全であること、そのために何をするか、常に意識して欲しい。


あなた自身のために。そしてあなたが愛する周りの人たちのために。


Be Free. Be Safe, Be a Smart Rider.

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

ハーレーに乗りながら聞く音楽

カウル付きの大型ツアラーでスピーカーから音楽を流しながら走っている人が、アメリカだと多いのだけれど、日本はどうなのだろう?


私は個人的に、スピーカーで音楽を流したくはない。周りに迷惑だろうし、自分の音楽の趣味やその時の氣分を他人に知られるのも、なんとなく避けたいからだ。


愛車のロードキングの場合、スピーカーを含めオーディオ機能は標準では装備されていない。


しかし、今やスマートフォンとインカムがあれば、ツアラーでなくてもハーレーに乗りながらヘルメットに取り付けたインカム用スピーカーから音楽を聞くことができるので便利だ。


最新のGarmin製Zumo590LMは画面が大型化され、操作性も向上している↓

ガーミンZumo590LM


SenaのSMH10との相性もとてもよい。

アライヘルメットにSMH10を装着




走行中、周りの景色や走行スピードに合致した曲がかかってるときは、最高に氣分が高揚するものだ。


あなたは、はたしてどんな曲を聞きながらハーレーに乗っているのだろう?


基本、何を聞くかは個人の好みであり、自由だ。


フリーウェイ(高速)を中心に走るのか?それとも田舎道?ワインディング?海岸?街中?


どこを走るのか?どんな走りを楽しみたいのか?ゆっくり、のんびりと走るのか?それとも飛ばすのか?


走る状況に応じて選ぶ曲が変わることだろう。


ちなみに私がもっとも好んで聞いている洋楽の代表がこちら↓


ビリーアイドルの「ブルー・ハイウェイ」。高校1年のときからのファンで、この曲はフリーウェイ(高速)によく合う。




そして、邦楽では小林太郎の「IGNITE」↓



ちなみにこの曲はハーレー・ダビッドソン社のオフィシャルタイアップソングだそうだ。


どちらもノリがよく、痛快に飛ばしたくなるときに聞くと最高だ。


ハーレーと言えば、映画イージーライダーで有名なBorn to be Wildなど、定番と言われるような曲がたくさんある。


定番ではない、自分だけのハーレーソングを持つのは、まるでハーレーに乗る時の自分のテーマソングがあるようで、氣持ちのよいものといえよう。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

愛犬とタンデム散歩ツーリング

カリフォルニアは今日も快晴。

快晴のオレンジ郡


雨の心配がいらないという意味では、ハーレー(バイク)乗りにとって南カリフォルニアは天国のようなところだとつくづく思う。


ほぼ毎朝、自宅からハーレーで10分ほどのヨットハーバーの街、Dana Pointに愛犬のココを連れて散歩とミニツーリングを楽しむのが日課だ。


ココとロードキング↓
愛犬のココと朝ツー


妻も一緒に2+1でタンデムすることもある。

妻とココ↓
妻とココ


走り出すと、風を感じたいのか、バッグから顔を出すのだが、写真を撮ってビックリ。

口を開けっ放しで喜んでいた。

走行中のココ↓
ココとハーレー


Dana Pointから芸術の街Laguna Beachへ移動中↓
ラグナビーチへ


ハーレーライドプロのロゴ入りヘルメットをパチリ。
ハーレーライドプロヘルメット


朝ツーを終えて、満足げなココ↓
愛犬と朝ツー



最後に動画を1本。

南カリフォルニアのビーチタウンの沿道の雰囲氣を感じていただけると思う。

この中に登場する走行中の愛犬ココの表情がなんとも可愛い〜。

犬ってバイクに乗っている時、こんなことしてるんだと初めて知った↓






にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ←読んでいただいたらポチっとクリック。
にほんブログ村

ハーレーをもっと思いどおりに乗りこなしたい方は、下のバナーをクリック↓

もうハーレーは怖くない

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ハーレーライドプロ

Author:ハーレーライドプロ
南カリフォルニア(オレンジ・カウンティ)在住の事業家兼作家/講演家でハーレー乗り。
世界で1番売れてるハーレーのライテクDVD『ライド・ライク・ア・プロ』を日本で販売。
アメリカのハーレーライフを中心にハーレーに関すること、ツーリングやライテク、それからローカルのファッションやハーレーのある暮らしを綴る。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。